スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18年ぶりのポートランド!


さてさて、記念すべき初ブログ。(!)





なのに、オレゴン州ポートランドという町についてお話しします。(!!!!)






ブログのタイトルがニューヨーク日記って書いてあるのに
1回目からの脱線。

そこまでして初回で書きたかったポートランド。笑




だってとーってもいい町だったんだもん。

実は先週末から3泊4日でポートランドまで行ってたんです。




今回なぜポートランドへ行くことになったかというと

ポートランド生まれのアパレルブランド "NAU" (ナウ)
からのお誘いがあったからでした。

ブランドのヘッドクオーターがあるポートランドに招待して
自身の新作コレクションをお披露目したり
そのついでにポートランドの町をエンジョイしてもらおう
というなんともありがたいプランを計画してくれたのです。

こういう表向きは仕事なのにバケーション感が拭えない旅行のことを
業界用語でPress Trip (プレストリップ)といいます。


そして一番に感謝しなくちゃいけないのは友達のキム。

Screen Shot


なぜならこのPress Tripの提案、計画は彼女によってアレンジされたものだったから。




彼女とは仕事を通じて6年程前に出会いました。


その時から現在に至るまでTurner PR (ターナーPR)という
PR会社で働き続けてきたキム。



きっかけは仕事だったんだけど
何度か会うたびにどんどん仲良くなって
今では彼女の家にまで遊びに行って
ボーイフレンドと愛犬と一緒に週末を過ごすぐらいの仲。





Turner PRはNAUの他にも様々なアパレルブランドの
PR業務に携わっています。

K-Swiss、Fjällräven、Alpha Industry、Sanuk、Native Shoesといった
アウトドア系ブランドが主な顧客。

NAUはそんなTurner PRの大事なクライアントの一つ。

そしてキムはそのTurner PRで主にNAUのPRを担当している重要な一人。



だから誰をポートランドに連れて行こうという
決定源は彼女にあったということ。





そしてもう一点 (本題からどんどん離れていってるけど。)


基本Press Tripって
ブランド側からエディターに対して
見返り(Coverage的なもの)を期待されていて

例えば
- これからもっと自分の商品を雑誌に載せて欲しいとか
- 今回のPress Tripについて雑誌で特集を組んで欲しいとか




またどの程度の見返りを求めてくるかも
ブランドによって全く違って。




さらには、僕達エディターにしても
自分が働いている雑誌が


「そんなブランドのお誘いなんて大切じゃない。」


ってな感じで折角のお誘いがあっても上からの
了承を得られないと旅行に参加できなかったり。




色々事情があるんです。笑




結果、今回に関しては
NAUからの見返りの要望は何もなく

ポートランドを満喫してください!という
何とも寛容な構え。

こういうEngagement (お互いの関係を深めましょう的な)
何のプレッシャーもなく参加できるのは
本当にありがたいです。


俺だって心の中では今後自分の仕事をやっていく上で
NAUのことをちょっとひいきしたいし
自然とそういう感情も芽生えてきます。

ちょっとした借りを作ったという意識はあるけど
でも具体的に物として(さっきも言ったように雑誌に取り上げるなどの見返り)
約束しなくてもいい現実は本当に助かります。



さて、ようやく本題へ! 笑




今回はなんと18年ぶりのポートランドでした。




実は高校1年16歳の夏休み
短期研修でケンタッキー州に2週間程訪れたことがありました。

その際、日本への帰りの飛行機の便で
ポートランドで乗り換えがあって。

乗り換えと言っても結局市内ダウンタウンにある
ホテルにそのまま一泊したのです。



何年も前のことでほとんど何も覚えていないのが
正直なところ。


唯一覚えているのが、NIKEストアにフラッと行った際
ゴルフ売り場の店員さんがタイガーウッズに似ていたので
一緒に写真を撮ったことぐらい。



とにかく、18年も経てばそれなりに町の様子も変わるんだろうけど。



出発日は朝8時ニューアーク空港発の便でした。


キムが朝5時にピックアップの車を手配してくれて
本当に至れり尽くせり。



そして空港まで向かっている途中
ドライバーの男の人が急に

「実はあなたが私の最後のお客さんなんだよ。」

って言いだすので何なんだろうって話を聞いてみると
中国で新しい仕事が見つかって移住するとのこと。


彼は中国系アメリカ人で
ずっと生まれ育ったニューヨークを離れて
単身で中国に渡るらしく

両親もニューヨークにおいていくみたいで。


中国語は喋れるらしく
移住まで時間が空いたので
このドライバーの仕事を短期でやっていたみたいです。


空港に着いたら記念に一緒にセルフィーを撮りたいとお願いされ。笑



自分も14年前に単身でニューヨークに来た身
そして今、似たようなことにチャレンジしようとしている彼
頑張って欲しいです。




さて、空港でキムと合流。

搭乗時刻まで一緒に朝ごはんを食べて
乗り換え先のコロラド州デンバーまで発ちました。



[広告] VPS



さすがに朝早かったので眠い眠い
でもちょうど窓側席で隣は誰も座っていなかったので
ちょっと気持ち的に余裕があったかも。

そしてふと横を見ると
通路側に座っていた女性が
ずっとぬり絵をしていたことに気付きました。


いい大人がぬり絵してる!
ってちょっと驚いたけど
後でそのことをキムに話したら

結構大人用のぬり絵とか本屋で売られてるらしく

そして空港の売店でもいくつか売られてることに気付き

どうやら気持ちを落ち着かせたりするのに
ぬり絵って役立つらしいです。


知ってる人もいるけど俺は飛行機が大の苦手。


単純に怖いんです。


地に着いてないものは怖い。


大人になってから自分が高所恐怖症になっていたことにも気付く。


子供の頃は全然平気だったのに
いきなり感覚の変化に気付かされることって
大人になってからあります。




そして、乗り換え先のデンバーに到着。



どうやら次のポートランド行きの便が少し遅れているようなので
バーで時間を潰すことに。


せっかくなので地元コロラド州の4種類のビールサンプラーを試飲。

[広告] VPS



結構ごくごく簡単に飲めちゃうかなって思ってたら
以外とお腹パンパンになるぐらいの量で
ちょっと苦しくなりました。笑



これ実はまだ午前中の出来事だったからね。

だからかなぁ。

でも全部美味しかったです。




そしてデンバーからさらに2時間程かけてポートランドに到着!

空港からホテルのあるダウンタウンまでは
Uberで20分程で行けました。


[広告] VPS



空港を出てすぐに緑が綺麗なことに気付かされ
木、一本一本がシラカバの木だったのかなあ
すごく高くビシッと真っ直ぐ立ってて

しかも暑い!

着ていたジャケットを直ぐさま脱いで
ぽっかぽかな日光が気持ちいい!

ただ自然が豊かな土地だけじゃなく
その自然が綺麗なところにも驚かされました。



さあホテルに到着。



今回泊まったのは Kimpton Hotel Monaco (キンプトン ホテル モナコ)


ホテルに入るなり第一印象は

モダンというよりちょっとレトロ感があって

ホテルルームもカラフルで

色んな模様の壁紙とかベッドシーツも柄物で

でもそれが全部調和されててあったかい感じがして

これがまさしくポートランド感なのかなぁってとても好印象でした。


[広告] VPS


ね、なんか可愛らしい部屋でしょ。



しかもウェルカムワインでお出迎え。

もうこの時点で空港でのビールと
このワインでちょっとテンション上がってきました。


[広告] VPS



しかも、窓から外を覗いてみると
綺麗で歴史があるようなビルが見えて


[広告] VPS



実はこれMacy'sだったんです。

ニューヨークのヘラルドスクエアにある
ちょっと小汚いごちゃごちゃ感のある
Macy'sとは大違い。笑



そして、部屋にずっとこもっててもしょうがないので
外に出てみることに。



ホテルから数ブロック先のところに広場があって

ニューヨークでいうユニオンスクエアみたいなところでした。



ここで、年配4人組コーラスの人たちが歌っていて

なぜかとーっても心地いい歌声

キムとしばらく見とれてしまうぐらい。



お酒と旅行のハイテンションが俺たちのツボにはまったのかな。


[広告] VPS




そしてホテルに戻ってきて夕方5時ぐらいまで少しリラックス。

でも呑み続けますよー。

[広告] VPS



ちなみにこれはさっき近所の店で買ったサイダー。



そして、5時からロビーでハッピーアワーが始まるので
エレベーターに直行。


[広告] VPS



実は、このKimpton系列のホテルは
ニューヨークやDCなどアメリカ国内にたくさんあって

どこのホテルでも午後5時から6時までの1時間
ハッピーアワーがホテルのロビーで行われてて

その土地のローカルワインやビールをタダで試飲できるわけ。



もちろん俺とキムもワインを堪能。

[広告] VPS



そして、ライブ演奏も行われてて


[広告] VPS



地元の女性シンガーの方がカーペンターズをしっとりと歌い続けてました。

久しぶりにカーペンターズ聞いたなあ。

ロビーの雰囲気と彼女の歌声が俺の心にズッキュン。

はまる、はまる!

あー、なんかリラックスできてるーって感じでした。




そして、お腹もすいてきたので
キムが事前に調べてずっと行きたがってたスポットに行くことに。




その名もChizu (チーズ)




お店の名前は日本語のチーズの当て字から。


ここ、すごくカジュアルなスポットで
しかもチーズしかお店に出してなくて。


何がジャパニーズなんだろうってお店の人に聞いたら
寿司バースタイルで色んなチーズを食べてもらおう

ってただそれだけのコンセプト。



でもね、ここすごくオススメかも。

気軽に入れるし
小腹が空いた時には最適。

アメリカ人ってチーズ好きじゃん
だから結構込み合ってました。


[広告] VPS


俺とキムがオーダーしたのは
チーズとサラミの盛り合わせ2人前と
Roséワインをグラスで。


ゆっくり食べてたら結構お腹いっぱいになって。



しかも、チーズプレートにハチミツがついてきて
これをディップして食べると超うまい!

ハチミツ独特の味というより
マシュマロを口に入れたような優しい甘さで
チーズとサラミにすごく合うんです。


あまりに美味しいからキムが

「これ売ってないの?」

ってお店の人に聞くとなんと売ってるとのこと。


しかも最後の一個!


honey



キムはグルテンアレルギーで
元々色んなものが食べられなくて

だからチーズがこの世で一番好きらしく

このボトルで11ドルしたけど

すっごくウキウキで店を後にしました。




さて、ディナー前の軽食感覚でChizuに行ったものの
二人とも結構お腹いっぱいになってしまったので
ディナーをスキップすることに。



じゃあ、ちょっとフラフラ歩いてみようかってことになり
数ブロック下ったところにこんなアイスクリーム屋さんを発見。


その名もRuby Jewel。 (ルービージュエル)

icecream 1

メニューはこんな感じ。

icecream 2

食べよっか?ってことになり
二人ともアイスクリームサンドイッチを頼むことに。

[広告] VPS


1スクープで作ってくれるのかと思いきや
2スクープで作ってることに気付く!



結果こんな大きさに!

icecream 3

もう一食分みたいなボリュームで

でも、デザートは別腹だからってお互い言い聞かせながら

アイスが溶け始めたので急いで口の中に運び

手をベッタベタにしながら食べました。



ちなみにキムはグルテンフリークッキーにダブルチョコとクッキークリームアイス

俺はシナモンクッキーにストロベリーアイス



実は二日連続で翌日も行っちゃいました。笑





あー、ゲップが止まらない

でも、まだ夜の8時を回ったばかり

ホテルに帰るにはまだ早すぎる!




じゃあ、バーを探そうってことで
そこからコーナーを曲がったところにあったこんなスポットを発見。



bar


その名もPépé le Moko。(ぺぺレモコ)



外から見たら小さい店構えで
ちょっと見落としがちになるかもしれないけど

店内に入ると地下へつながる階段があって
それを下りていくとこんな感じ。


[広告] VPS



薄暗くて洞窟チックで雰囲気はあるんだけど

ドリンクメニューはオーソドックスで凝ったものがないことに気付き

バーテンダーの人に特注カクテルを作ってもらうことに。



俺はシトラスっぽい感じで
でも少し甘めのウォッカベースでって頼んでみるも


あまり美味しくなかったです。
ははは。


でも、雰囲気があるところなので
バーカウンターにちょこっと座って一杯
っていうのもありだと思います。


一杯飲んでさっさと出て
ようやくホテルに向かって歩くことにしました。


でも、まだ時間が早めだったので
ホテルの隣のビルにある
ルーフトップバーDeparture Lounge (デパーチャーラウンジ)
に立ち寄ることに。


ルーフからの眺めは
さすがにニューヨークで体験できるものに比べたら劣るものがあるけど

だから写真撮らなかったのかな

風が気持ちよくて少し立ち寄る分にはいいかもしれません。


もしかしたら昼間に行ってみる方が
ダウンタウンの街並みがきれいに見れて
夜の灯りを見るよりよかったかも。



それにしても、夜間は結構冷えるポートランド。



キムがノースリーブのシャツを着ていたこともあって
ジントニックを一杯だけ呑んで出ることに。



でも、もう一杯だけ呑もう!ってことで 



滞在しているホテルの一階にあるバーで最後の一杯をすることに。



途中向かっている道にはこんな銅像的なものも。


[広告] VPS


可愛らしいアザラシでした。



そしてバーで最後の一杯。

[広告] VPS



もうこの時点では
何軒行ったのか何杯呑んだのか
覚えてませんでした。



ようやく夜11時を回った頃ホテルルームに戻ることに。



おやすみー、じゃあ明日昼前ごろに集合でってことで。



時差を含めて長かった1日目が終わったのでした。



ちなもに部屋のクローゼットにはこんな柄のバスローブが。



写真撮るしかないでしょ。

robe 1







そして二日目。

思ったよりすんなり朝起きれたことにびっくり。

しかも7時半頃。

遅めのルームサービスを頼んでおいたので
朝食が部屋まで届くまでまだ2時間以上ある。


ゆーっくりシャワーを浴びて
自宅から持ってきたフェイシャルキットで顔をきれいに整えて
直ぐに出られるように着替えも済ませて
朝食が届けられるまで待つ。


そして食べ終わると同時にホテルを出発。


実はキムは昼過ぎまで仕事をしなくちゃいけなかったので
単独行動で色々してみようと
朝食を待ってる時間を利用して
ちょこっとリサーチしてました。


で、美味しいコーヒーとローズガーデンに行こうと決めて


ホテルを出てまず行ったのがここ。



Heart Coffee Roasters(ハート コーヒー ロースターズ)

2009年にオープンした
スカンジナヴィア風のコーヒーストアです。

市内に2件ほどあるんですが
僕が行ったのはホテルから歩いていける
12丁目店の方でした。


heart coffee

軽くてフルーティーな豆なのが特徴です。

店の雰囲気も白を基調にしていて
清潔感のあるフレンチカントリー調でした。



さあそこからUberを使ってローズガーデンへ。




International Rose Test Garden (インターナショナル ローズ テスト ガーデン)



Uberで10分もかからないぐらいの
丘の上にあるこのローズガーデン。


rose garden 2


100年ほど前に造られたこの庭園。

ベストシーズンは6月頃とあって
僕が行った9月はつぼみだらけで少し物足りなかったけど

タダで毎日朝7時半から入れます。

ちなみに550種類以上のバラが植えられてるとのこと。


rose garden 3


こんな感じに地図もあるのでどんな種類のバラが
どこにあるのかも簡単に分かります。

つぼみだらけだったけど
晴天で気持ちいい〜!

一人で行ったのでセルフィー。


rose garden 4


セルフィーだったので
このバラのアーチがベストスナップスポットでした。


ちなみにこれが2016年のベスト品種に輝いたSunshine Daydream。


[広告] VPS


黄色だったんですね。




さあ、またUberでホテルへ戻りキムと合流。

そして、ここでようやくNAUチームの皆さんと初対面。



初めまして〜、今回はお招きありがとうございます!

ってしっかりご挨拶させて頂いて

ポートランド今の所すごく満喫してますって会話も弾み

さあ、午後からのアクティビティースタートです。




午後からはまず郊外にあるビール醸造所 (brewery) に行きました。




オレゴンってカリフォルニアに負けないぐらい
色んなワインがある州で

でもあえてキムはビール brewery をプランしてくれました。




行ったのはここ。

Wolves & People Farmhouse Brewery (ウォルヴズ アンド ピーポー ファームハウス ブリューワリー)


外はこんな感じ。

Screen Shot beer 2


くるみの木がたくさん立ってて
なんとも広大で気持ちのいいところ。



でも中の写真を撮り忘れてたことに後で気付きました。



なぜなら色んなビールを試飲させてもらって

ほろ酔い気分で浮かれてたら

すっかり忘れていました。


ちなみに一押しビールはこちら。

Screen Shot beer 5


Instinct Travels (インスティンクト トラベルズ)

ジューシーなAle系ビールです。

ドライでホッピーなのが特徴です。



オーナーのクリスチャンとライラ夫婦。

Screen Shot beer 6


とっても気さくで親切な人柄が滲み出ていたご夫婦さんでした。

二人とも以前ニューヨークに住んでいたことがあったらしいです。

ライラはハワイ出身で日本人の友達も地元にたくさんいるよう。

しかしこの木のドアはとてもゴージャスでした。

そして色んな種類のハンドクラフトビールを
昼間っから堪能できて幸せでした。




さあシティーまで戻って
ディナーの時間までホテルのロビーでハッピーアワー。




二日目のディナーはAce Hotelの隣にあるClyde Common (クライド コモン)
でした。

木の温かい雰囲気があるロフト感のあるレストランでした。

食べ物はというと


いたって普通。
だから短め。



僕はスカロップとツナを食べました。

オレゴン特有のチョウザメの料理もありました。

美味しかったけど
次回はないなって感じ。笑



その後またRuby Jewelでアイスクリームサンドイッチを
デザート代わりに食べてホテルに戻りました。



ちなみに二日目のバスローブはシマウマ柄。


Screen Shot zebra

ホテルルームのクローゼットに2種類のバスローブがあるなんて。


写真を撮るしかないでしょ!







さあ、三日目!


まず、NAUチームの皆さんと

Urban Farmer Portland (アーバン ファーマー ポートランド)
で朝食を食べました。


奥のプライベートルームでの朝ごはん。

ミモサも飲んで

新鮮な素材を使ったシンプルな朝食。

breakfast.png


ソーセージの量が多くて食べきれませんでした。

でもとっても美味しかったです。




その後、NAUのヘッドクオーターへ。

ようやく三日目の昼過ぎにして仕事的なことにたどり着きました。笑



ここで最新コレクションについて

NAUのデザインチームの方からプレゼンがあり


office 1


アイテムを自分で試着してみて

どんな感じなのか触れることもできました。


office 2


個人的な意見なのですが

NAUのスタイルは

トレンド感は全く意識せず

ずっと長く着ていられるようなタイムレスなデザイン性を前面に出していて

且つポートランド生まれのブランドなので

アウトドア的な機能性を持つ生地にもこだわっていて

基本ほとんどすべてのアイテムが洗濯機で洗えるものになっています。



だからと言ってアウトドアブランドにありがちな

ちょっとゆとりのある大きめなシルエットではなく

普通にシティーでも着れるようなスリークなものなので幅がききます。



ちなみに俺が自分なりにスタイリングするとこんな感じ。

store 1


グリーンがちょっと気になったトレンドカラーかな。



それと、デザインもポートランドの街並みや自然から
インスピレーションを受けることが多いらしく


夕方にかけて、みんなで自然に触れ合ったり
街並みを散歩したりしました。

nature.png


ポートランドの町の中は路面電車が走っています。

portland 1



そして、ディナーまで少し時間があったので
みんなでハッピーアワー。


行ったのはここ。


Oven & Shaker (オーブン アンド シェイカー)


happy hour


ドリンクメニューが

Fresh、Dry、Strong、Alcohol Freeに丁寧に振り分けてあって

僕はFreshのPepper Smashを二杯頂きました〜。




そして最後の夜のディナーは


地元の人の中では有名なペルー料理のレストランへ。


peru.png

Andina (アンディーナ)


中はとても広くてごちゃごちゃしていたので
写真はありませんが
料理はとーっても美味しかったです。


NAUチームの方が全部オーダーしてくれたのですが

特にセビチェとスカロップとオクトパスが最高でした。

他にもエンパナーダとかサラダとか揚げ物とか

たくさんいろんなものを注文してくださって

もちろんお腹いっぱいで全部食べきれず

でもとっても幸せな気持ちになりました。




最後の夜を素敵なディナーで締めくくり

NAUチームとキムの最高レベルのおもてなしで

翌朝ポートランド空港まで向かうのがとっても悲しくて。




ポートランドはブルックリンのウィリアムズバーグやダンボを
思い出させる町でした。


多分、ブルックリンがポートランドを真似したんだろうけど。





あー、長〜いブログ読んでくれてありがとうございます。笑


やっと終わりです。





あ、最後に帰りのデンバーでの乗り換えの際に食べた
コロラドバーガー。

airport.png

空港のレストランって微妙だけど
このバーガーは目玉焼きが乗ってて
美味しかったよー。



Mitsu
@mitsu_tsuchiya
mitsutsuchiya.com

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mitsu

Author:Mitsu
2002年ニューヨークへ移住。

ELLE, NYLON, Complex,
The Daily Beastに渡るメディア業界一線で働いています。

そんじょそこらにいるアメリカ人よりニューヨーカーな自信はあります。😁
そんな僕の日々の実体験に基づいたニューヨーク最新情報を発信しています。
気軽にフォローして下さい。



にほんブログ村 ファッションブログ アパレル・ファッション業界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。